サイト検索

投資管理ツールとしての企業の投資戦略

のための効果的なツールの1つすべての市場プロセスの国家規制のシステムの条件で、マクロ経済指標の大幅な変更、投資市場の結びつきと不確実性、実装と開発の条件で、企業における投資プロセスの管理は、企業の投資戦略です。

会社(企業)の投資戦略長期的な計画期間における投資活動の目標の開発システムにあり、投資イデオロギーと共通の開発目標と、これらの目標を達成するための効果的な仕組みを見つけることによって決定されます。

企業の投資戦略は独自のものである投資プロセスと活動の分野で動作している企業のためのマスタープランの一種。これは、優先分野と活動のこのタイプのフォームを識別します。金融投資戦略は、文字資源投資段階と長期的な目標と目的の実装でその整合性を構築するだけでなく、計画的かつ計画的な開発(成長)企業に提供。この戦略で接続した場合、目標とそれを達成するための方法とシステムの目標、それは企業の定義する境界提案投資活動であるだけでなく、有望な時間を持つフィールドと投資活動の形での解決策。

企業の投資戦略は戦略プランの企業選択システムの最も重要なコンポーネントの1つです。その主な要素は、戦略的な観点、ミッション、各活動のための戦略の機能システム、資源の配分と形成の方法と方法における全体的な開発目標です。

その妥当性に責任がある定義された用語、数の開発における企業の投資戦略。

1。 投資媒体における外部要因の強度変化。これには、企業の活動と投資活動、技術進歩とその成長率、投資市場環境の変動、国家に対する投資政策の矛盾、ならびにそのような活動の規制の形態に関連するマクロ経済要因の主要指標の動態が含まれる。このすべては、以前に蓄積された経験を使用することができ、および投資管理の伝統的な管理手法に基づいていません。そのため、外部の変化に適応した投資戦略が存在しない場合に、これは最終的矛盾と矛盾の出現につながり、そして効果的な投資の著しい減少の結果としてなり、投資の意思決定における企業の各部門が多方向することができるという事実につながる可能性があります。

2。 新しいレベル(段階)の活動への企業の移行。事前に開発された企業の投資戦略は、経済発展(成長)の過程で企業の能力の変化に投資活動を適応させる。

3。 新たな商業的機会に関連する業務活動の目標と根本的な変化。そのようなタスクを実行する際には、新しい技術の変更と導入、生産のための商品とサービスの範囲の変更、製品の販売のための新しい市場の開拓が必要です。このような状況では、企業における投資活動の大幅な増加と投資の多様化は、明確な投資戦略の策定によってもたらされる予測可能な性質を有するべきである。

</ p>
  • 評価: