サイト検索

社会的、倫理的なマーケティング - 健康的な社会の指標

直接倫理の概念は、特定の社会における執行のために条件付きで取られた、書かれていない規則の集合。この場合、処罰の脅威にさらされて執行されなければならない法律については言及していませんが、社会的責任を負う人々によって社会における倫理的規範が認められていることは明らかです。確かに、貿易や経済関係を含む人間のあらゆる分野には、一定の一連の倫理的規範が存在することは間違いない。したがって、起業家精神、競争関係、マーケティングなどの分野における相互作用の順序を決定する国際商工会議所などの特定の国際機関によって採用されている取引コードがあります。

社会的倫理的マーケティングは健康な社会の指標です

社会的・倫理的なマーケティングのようなコンセプト市民や消費者に、特に、ビジネスの責任の度合いを決定し、一般社会。既存の、原則として、非営利、非政府(およびいくつかの国家の)組織が社会の中でのマーケティングの様々な方法を通じてサービスを促進するための憲章の目的を達成するために必要なことは明らかです。私は、私たちの多くは、いわゆる社会的な広告にテレビに注意を払っていることを確信しています。社会における広告でどのような負の全体的な背景(テレビ番組を中断し、迷惑)、誰もが社会セクターで、このようなマーケティングが必要と正当化されることを理解しています。国は、社会的に重要なブランドやアイデアを積極的に推進すべきである。これに積極的に参加しても、非政府組織に参加すべきではありません。難聴のを助けることができる資金があると、それがアクティブな広告ポリシーを実行しません。どのようにして助けが必要な人々は彼について知ることができますか?社会的志向の社会では、社会的な領域でのマーケティングは、大規模で商業的ではない構造の政治に存在すべきであるということは間違いありません。これは、貧しい人々、子どもたちの支援を意味し、障害のある人など

売り手と買い手との関係における倫理

社会的倫理的マーケティングは意味しない社会全体(またはその一部、例えば子供)との相互作用だけでなく、サービスまたは製品の特定の消費者との相互作用も含む。この場合のマーケティングの社会的基盤は、個々の企業のポリシーやクライアントのマネージャーまでの関係にまで及んでいます。たとえば、次のような日常的な状況を分析できます。原則として、比較的高価な取引に署名する場合、契約上の契約が締結されます。ビジネスの代表者は、大部分の消費者は、確かにVIPの人ではないとすれば、法学に精通しておらず、契約のニュアンスが分かりにくいかもしれないと理解しています。この理由から、社会的および倫理的なマーケティングは、追加の利益を上げるか、クライアントをより厳しい条件(例:貸出)にすることができる技術の排除を伴います。当然のことながら、法的な観点からは、企業や個人のマネージャーによるこの種の行為は、契約を読む機会が自然に提供されるため、違反ではありません。あらかじめ知られているもう1つのこと - 多くの人がこれをやりません。その結果、署名します。この理由から、マーケティングの社会的基盤は、企業、製品サプライヤー、そしてまず第一にサービスの中で育成されるべきである。本当に健康な社会を特徴づけるのはこの姿勢です。

</ p>
  • 評価: