サイト検索

彼らはビールの脂肪ですか?そうでない場合、「ビール腹」という表現はどこから来たのですか?

彼らはビールから脂肪を得るのですか?
ビールは最も人気のあるものの1つです世界のアルコール飲料。これは、いくつかのケースではそれは当然、「液体のパン」と呼ばれている、特に以来、ビールから太るかどうか、泡が体に害を与える、としばしば疑問が生じると主張しました。医師はドリンクが完全に消化管全体にプラスの効果を持って胆汁や胃液の積極的な発展に寄与することが実証されています。ビールは、空腹時に使用され、胃炎に苦しんで市民を手粘液の胃をクリアします。他のすべては、我々はすべてそれが驚異的な利尿作用を有し、その洗濯を完成、腎臓結石の形成を防止するために役立つことを知っています。科学者たちは、飲み物は多くの便利な機能、それらのいくつかを持って発見しました。

  • ビールは血液中のコレステロールを低下させる。
  • アテローム性動脈硬化症の優れた予防である。
  • ビールは血圧を正常化する(低下させる)。
  • 少量では落ち着かせる効果があります。

尺度の使用

ビールを飲む

ビールの消費量は約0.5ビタミンPP、B1、B2で体を飽和させ、心臓病のリスクを有意に減少させる。しかし、この飲み物は、私たちの世界のすべてのもののように、緩和が大好きです。その過剰摂取は、ビール腹が子供の遊びのように見えることに比べて体に回復不能な害を引き起こす可能性があります。

ビールへのダメージ

定期的にビールを飲む男性彼らが急速に体重を増やしていることに注意してください。彼らはビールから成長するか、または体重増加は他の要因を伴いますか?明確な答えはなく、相互に排他的ないくつかの理論がありますが、それは時には忠実であることを口で口に出して証明します。しかし、科学者たちは結論に達しました。ビールが脂肪、特に強いセックスの代表者であることは事実です。これはなぜで、この傾向の理由は何か - 別の問題ですが、事実は残っています。科学者や医師の結論がなくても、ビールベルトの所有者はビールから脂肪を得るかどうかを教えてくれます。

実際には、この飲み物は大量にはフィトエストロゲンと呼ばれる物質が含まれており、これは女性ホルモンのプロゲステロンに非常に近いものです。それは醸造に必然的に使用されるホップコーンの製品に分類されます。飲み物を頻繁に使用すると内分泌系の調和のとれた作用、すなわちホルモンの産生が妨げられる。多くの植物エストロゲンの男性の体内に存在することにより、テストステロン(ホルモン)の正常な産生が抑制される。このため、男性は女性型で頑強に成長し始め、脂肪は腹部、側部および臀部に大量に堆積する。体重の変化に加えて、テストステロンの合成の違反は、顔や体の髪の量を減らし、声の音色を変化させます。この飲み物を長期間使用すると、乳腺の増加や効能の低下が顕著になることがあります。もちろん、植物性物質に感受性でないか、または原理的には非常に細い体質のものがあり、遺伝的に満腹になることはありません。

体重増加に影響を与える第二の要因は、それはビールのための脂肪の軽食です。もっと強く傷つけることさえ知られていません。ビールから生まれても、チップ、ナッツ、塩辛いチーズ、ソーセージから生まれても、ペンのスナックとして提供されます。上記製品のカロリー含有量は非常に高く、もちろん、過剰脂肪の沈着に影響を及ぼすこともできない。

ビール瓶のラベルを必ずお読みください。 、人が酒を加熱する必要が考慮350キロカロリー×10 = 3,500キロカロリーと33キロカロリーを受信し、 - 平均カロリー飲料は、(4°Cの温度せ)、したがって、ビール1リットルの飲料、300-400キロカロリー/ 100mlであります - 純粋なエネルギーの約3000キロカロリー。ああ、そして文字通り氷のように冷たいビールで飲む馬鹿、よく、または恋人を見つけよう!

真実はビールが脂肪になるということです

消費するかどうか?

主な利点を知り、ビールの不足は、人が体に害を与えることなく飲酒できるのかどうか疑問に思っています。ここでもまた、ビールを消費することができると主張していますが、中程度の量です。しかし、体系的で豊富な飲み物は何も良いにつながる、肥満を含む重大な健康問題を引き起こす可能性があります。

</ p>
  • 評価: