サイト検索

どのように家庭で虫垂炎を判断するには?いくつかの便利なヒント

虫垂炎はかなり一般的で危険です大腸の盲検過程の炎症に関連する疾患である。このような状況では、緊急の治療が求められるべきである。したがって、家庭で虫垂炎をどのように判断するかについての情報は、誰にとっても役立ちます。結局のところ、この病気は異なる徴候を伴い、症状の強さも変化する可能性があります。

自宅での虫垂炎の判定方法

まず、このような問題は誰にも保護されていません。炎症は若年期、成人期、または高齢者でも始めることができます。したがって、より詳細には、この疾患の主な症状を考慮する価値があるので、時間が経つにつれて行動を起こす危険性があります。

どのように家庭で虫垂炎を判断するには?主な症状

付録の炎症を伴う徴候は何ですか?実際には、それらのいくつかがあります:

  • 最も顕著な症状は痛みであり、まず、腹腔内のほぼどこにでも局在化することができる。例えば、いくつかの患者は、初めは上腹部領域に不快感を感じるが、他の人は、痛みが臍に発生し、身体全体に広がると主張する。いずれにしても、疾患が進行すると、痛みが右の低血圧になる。痛みは鋭く、強く、鈍く、痙攣することもあります。彼らは患者を絶えず邪魔したり、発生したり消えたりすることがあります。
  • さらに、虫垂炎はしばしば消化器系の症状、特に悪心、嘔吐、下痢を伴う。
  • 炎症プロセスの進行人は弱点、倦怠感、および体の中毒の他の兆候を感じ始める。体温は37.5度まで上昇することがありますが、発熱はそれほどありません。興味深いことに、直腸温度計で測定した温度はより重要な指標です。これは10度まで上昇する可能性があります。

虫垂炎治療

どのように家庭で虫垂炎を判断するには?

もちろん、炎症の症状は顕著であるが、多くの病気には、同じ徴候が伴うことがあります。あなたが自宅で虫垂炎をどのように判断するかを知る必要がある場合、ここにいくつかの非常に特徴的な症状があります:

  • 身体の右側の一定の痛みが患者の歩行に影響する。歩いている間、彼は常に両手で両手を持って右に傾き、本能的に彼を振動から守ろうとします。
  • 患者は常に右側に横たわり、脚を曲げて痛みが少なくなります。
  • より重度の状態では、腹部の非対称性を見ることができます - 臍は右にシフトします。
  • 腸の感染症
    どのようにするかについてのもう一つのアドバイスがあります自宅で虫垂炎を判断する。患者は背中に横になり、腕と脚を伸ばします。今すぐ手の指は、穏やかに、そして強く臍の周りの領域を押す必要がありますし、急激に手を引き戻す - この動きは、腹腔の右側に強い痛みで応答します。
  • 虫垂炎の疑いが少しでも起きたら、ただちに人を病院に届けなければなりません。

    虫垂炎:治療

    まず第一に、医師は患者を慎重に検査し、いくつかのテストを割り当てます。今日まで、虫垂炎の治療は、腸の炎症プロセスの外科的除去からなる。手術は単純で全身麻酔下で行われます。

    もう一度、そのような状態外科医の助けが必要です。必要な治療がない場合、虫垂の穿孔が可能であり、このような場合、蓄積された浸潤物全体が腹腔を介して広がり、腸内感染、敗血症および内臓器官の感染を引き起こす。

</ p>
  • 評価: